サーカスの歴史

サーカスの語源はラテン語で「円」、演技する円形面を意味している。 サーカスの歴史は古く、労働、風俗や宗教の儀式などにも関係があった。
古代ローマでサーカスは、二輪車の競馬の間にたくさんのパフォーマンスが演じられていた。 11世紀に拳闘士、楽士、ジャグラー、動物ショーが誕生した。 12世紀にヨーロッパ都国に乗馬学校が創立し、世界初のサーカスアーティストの育成が始まった。

1760年代にロシアに最初のサーカスの半常設館が設立された。 1780年代、ロンドンに半円形劇場が建てられた。これにより巨大な移動サーカスが誕生した。 1850年代に最初の空中飛行が披露された。 1880年代に最初の動物サーカスが発表された。

日本はアメリカによって横浜で興行され、一度に見せるという演目が大きな反響を呼び人気に拍車がかかった。 日本にはじめてサーカスが発表されたのは1864年であった。 日本では幕末から明治にかけて多くの芸人が海外に行き、バラエティにとんだ演目を見せる形式が進展した。 西洋曲馬が日本に浸透し、明治30年代には見世物の新展の一座が活躍した。 西洋曲馬(サーカス)が浸透していったため軽業界は刺激をうけ、日本曲馬が衰退してしまった。