様々な大道芸

サーカス芸とは、テントの中で演じられる芸のこと。 サーカスの代表的なものとして綱渡り、空中ブランコ、動物のショーなど様々ある。
アクション芸とは、ほとんど道具を使わずに身体を使って人々を楽しませるパフォーマンスのことである。 アクション芸の代表的なものとしてパントマイム、火吹き、バランス芸などがある。

パントマイムは、古代ギリシャ語でパント=すべて、マイム=まねをするという意味である。 パントマイムの歴史は、ギリシャ・ローマ時代から始まったと言われている。 パントマイムは日本で言えばすでに縄文時代の頃に世界で始まっていたとされる。
ツール芸とは文字通り道具芸のことである。 ツール芸はアクション芸とは違い、道具を使って人々に楽しみを提供することである。 ツール芸で代表的 なものはジャグリング、竹馬、一輪車などが挙げられています。

南京玉すだれとは、細長い棒にひもを通し、すだれ状にしたものを使って披露する芸。 南京玉すだれは、日本で作られた。
バルーンアートとは、風船を使って動物や花のキャラクタを作ったりする芸術である。 香具師とは古代の伝承を持ち、口やなどを使って、品物を売っていく商法のことで一種の大道芸として含む。