大道芸の概要

大道芸は、舞台や街頭で演じられる芸、または芸一般を指す意味である。 一般的に、路上でたくさんの観客に対して自らの芸を演じて、投げ銭で生計を立てる芸を指すことが多い。
歴史としては江戸時代より、浅草の見世物や手品、東北地方のボサマなど、日本でも盛んに演じられていた。 戦後、欧米の大道芸が入りショーの内容も派手になり、エンターテインメント性の高さがうかがえた。 日本では昭和50年代、名古屋市の大須大道町人祭、横浜市の野毛大道芸など、地方ごとのイベントが始まる。

1992年、静岡市で大道芸ワールドカップが開催された。 東京都がヘブンアーティストとして公認制度を始めた。 大道芸ワールドカップは欧米のサーカス芸を日本に紹介し、定着させる大きな役割をもっていた。 某テレビ局が「アート大道芸」としてライセンスを発行するなど、街の活性化のために大道芸は人気となった。 若年層にファンが多く、大須大道町人祭や大道芸ワールドカップでの動員客数は数十万人を超えるといわれる。

ストリートミュージシャンは大道芸人とは呼ばないことが多い。
最近は欧米タイプのサーカス芸が多く、日本の伝統的な放浪芸が薄れていると危惧している日も少なくない。